地獄雑記

私的なメモです

アニオタくん

こんにちは。

原稿中行き詰ったときにこのブログ書いてるな…息抜きってことで…。

あんま頭使わずに打ってるので読みにくいと思うけど独り言だからいいか。

 

 

 

突然ですが、殺人って罪が重いですよね。

だからか

 

キャラ殺しとけば話重いでしょw

 

みたいな作品多くないですか!?

オ〇〇〇〇ズの話じゃないですけど

 

キャラクターを殺すこと自体はとっても簡単ですよ。

突然病気で死んだり事故で死んだり戦いで死んだり…

・どんな人間でも、いつかは死ぬ

・それが早いか遅いかは誰にもわからないというやるせなさ

という上記の点では最近のアニメに求められがちな「現実性(リアリティ)」の部分を満たしているのかもしれません。

 

 

んじゃ~なんでアニメにリアリティを求められてきてるのかっていうと。

 

 

昨今、アニメを見る層が「疲弊しきっている大人」が多いからかなって思います

 

少しの矛盾や奔放が許せない!

弓の持ち方はこれじゃおかしい!

お風呂に入るときはロングヘアを束ねるだろ!

 

・・・とまあこういった感じで、「非現実」であるアニメを真っ向から否定するかのような話題がよくあがってきますね。

 

きっと自分が会社や人生で疲れ切っているから「これちょっとおかしくないかw」って思ったら・・・・・・

 

スルーできる心の余裕がない!!

よっしゃ叩こ!!!

ストレス解消!!!!

 

ってなってるんじゃないかなーって。

 

疲れてるときって、他人のひとつひとつの挙動にピリピリしませんか?

それの矛先が「アニメ(非現実)」なんだと思います。

 

 

でも大体それって自分にとって都合のいい「重箱の隅つつき」なんですよ

だってそんなリアリティ求めるなら、そもそも「目がこんなに大きいわけがない」「こんな体形の女がいるわけがない」になっちゃいませんか?

それをクリアしているにも関わらず、「自分にとって面白くない矛盾」だけつつく

そんなオタク共最低だよ!!!!

 

もう非現実を許容できないほどキャパがいっぱいいっぱいの人が多いんだなーって最近すっごく感じますね。自分もオタクだから。

 

 

 

話は戻りますが・・・そんなオタクに触発されているのか・・・

 

一喜一憂し、悩む→行動をする→結果的にキャラクターの成長を見れる

 

みたいなアニメ少ないよなあ~っていうのが言いたかったんです

スポ根って言っちゃうとアレかもしれないけど

死ぬ・殺すだけがストーリーじゃないよって思うんです

 

 

あとあんまり関係ないけど最近流行りのアイドル育成ゲー

とりあえずキャラ背景重くしときゃええやろって考えばっかで

 

現実的に存在するようなアイドルものにしたいのか

非現実!ファンタジー!っていうアイドルものにしたいのかわからない。

 

どちらにしてももっと性格面での成長を見られるゲームというか

一般人が頑張ってトップアイドルになるとかそういう方が好きだなぁ

ただの個人的意見だから周囲がどう思ってるのかはわかんないすけど…

(だから流星隊のコンプレックスだったり衝突の原因がすごく共感しやすい普通の高校生らしい部分がすごく好きなんだよな~)

 

 

 

うだうだ言いましたけど

1番やっちゃいけないのは

ほんっとに意味のある死だったのに伏線もなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は生きてました~wwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ッンだよ!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする